大宅壮一賞 名称改め第1回 大賞に森健さん作品

引用
「 第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞(日本文学振興会主催)が17日、ジャーナリスト森健さん(49)の「小倉昌男 祈りと経営 ヤマト『宅急便の父』が闘っていたもの」(小学館)に決まった。また読者賞に著述家、菅野完さん(42)の「日本会議の研究」(扶桑社)が選ばれた。賞金はそれぞれ100万円、50万円。... 」

出典:https://mainichi.jp/articles/20170518/k00/00m/040/069000c

『 大宅壮一賞:名称改め第1回 大賞に森健さん作品 - 毎日新聞』

2017.05.22

文学ニュース 一覧