角野栄子さん 2022年度に文学館を開館予定

「魔女の宅急便」の作者・角野栄子さんが、自身がプロデュースする児童文学館の構想について会見を行いました。児童文学館は江戸川区の葛西にある「なぎさ公園」内に2022年建設予定。角野さんの仕事部屋を模したり、作品の世界観を表現した空間の展示が行われる予定です。


2019.10.03

文学ニュース 一覧