寺山修司 同級生のサイン帳から未発表の短歌が発見 

 

演劇や文学など幅広い分野で活躍した寺山修司が、中学時に書いた短歌が見つかった。短歌は「毬(まり)のごと 打てば跳ねくる心もて 幸を求めん山のかなた江」という句。中学でクラスメートだった大柳マルさん(83)の自宅にあったサイン帳から発見された。

 

参考:<寺山修司>未発表の短歌 青森の中学同級生宅で発見 卒業時、サイン帳に自筆

 

詳細

2019.05.24

「百年の孤独」の翻訳家 鼓直さん逝去

5月2日ラテンアメリカ文学者で翻訳家の鼓直(つづみ・ただし)さんが89歳で逝去されました。鼓さんは、ノーベル賞作家ガルシア・マルケス著「百年の孤独」をはじめ、アストゥリアス「緑の法王」、ホセ・ドノソ「夜のみだらな鳥」、ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」などを翻訳。ラテンアメリカ文学研究の第一人者として、70年代ラテンアメリカ文学のブームを牽引しました。

 

参考:翻訳家の鼓直さん死去 マルケス「百年の孤独」翻訳

詳細

2019.05.09

第50回大宅壮一ノンフィクション賞 ノミネート作品発表

4月24日、第50回「大宅壮一ノンフィクション賞」の候補作が発表されました。「大宅壮一ノンフィクション賞」はジャーナリスト・大宅壮一の活動を記念し昭和45年に設立。今回は安田峰俊著『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』(KADOKAWA)、河合香織『選べなかった命』(文藝春秋)、先崎学『うつ病九段』(文藝春秋)、旗手啓介『告白』(講談社)、松本創『軌道』(東洋経済新報社)の5作品がノミネートされました。5月15日に選考委員会が開かれ、受賞作が決定します。

 

参考:PR TIMES「『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』安田峰俊 著、第50回「大宅壮一ノンフィクション賞」ノミネート!」

詳細

2019.05.02

第16回坊っちゃん文学賞 「ショートショート」公募へ

夏目漱石「坊っちゃん」の舞台・松山市が創設した文学賞「坊っちゃん文学賞」。第16回となる今回からは「ショートショート」作品を募集します。9月30日(月)までに公式サイトから応募可能です。

 

公式サイトはこちら

 

参考:ダヴィンチ・ニュース「ショートショートの文学賞にリニューアル! 数々の名作を生んだ「坊ちゃん文学賞」が作品募集開始」

詳細

2019.04.25

松本清張の特別展が開催中 神奈川近代文学館

松本清張の生誕110年を記念した特別展『巨星・松本清張』が、神奈川近代文学館にて開催中。2019年5月12日まで。41歳でデビューし、その後『砂の器』などの著名な作品を数多く執筆した清張。彼が戦後日本を代表する巨星になるまでの生涯をたどる展示となっています。

 

参考:産経ニュース「松本清張の生涯たどる 神奈川近代文学館」

 

詳細

2019.04.18

第16回本屋大賞に「そして、バトンは渡された」瀬尾まいこさんが受賞

全国の書店員が一番売りたい本を投票によって決める第16回本屋大賞が発表され、瀬尾まいこさんの長編小説「そして、バトンは渡された」(文芸春秋)に決定しました。受賞作は、幼くして母を亡くし、血縁のない大人たちに育てられた女子高校生の成長物語。瀬尾さんは2001年に「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を、05年に「幸福な食卓」で吉川英治文学新人賞を受賞しています。

 

参考:朝日新聞「本屋大賞に瀬尾まいこさん「そして、バトンは渡された」

詳細

2019.04.10

12345...102030...»