「川端康成は日本文学の代表者」 68年ノーベル賞 選考委が評価 

【ストックホルム=共同】一九六八年にノーベル文学賞を受けた作家の川端康成(かわばたやすなり)について、スウェーデン・アカデミーが選考の際、「日本文学界の真の代表者」と評価していたことが判明した。同アカデミーが二日、共同通信に選考資料を開示した。

 

 川端は六一年から毎年、同賞の候補者となり、六六年と六七年には小説「古都」などが高く評価され最終候補にも選ばれた。八度目の選考を迎えた六八年に受賞が決定。同アカデミーは授賞理由として「日本人の心の精髄を優れた感受性をもって表現する、その物語の卓越さ」を挙げていた。

 

 選考委員会の声明によると、六八年の文学賞候補八十三人のうち、最終候補は川端のほか、フランスの作家、アンドレ・マルローと英国出身の詩人、W・H・オーデンの二人。選考委のエステリング委員長(当時)は「日本文学界の真の代表者である彼(川端)へ賞を与えることは理にかなっているし、歓迎されることだろう」と強調した。

 

 候補には三島由紀夫(みしまゆきお)と詩人の西脇順三郎(にしわきじゅんざぶろう)も含まれていた。同アカデミーは三島への授与の可能性について「(議論が)続いている。彼の今後のさらなる向上が再検討には必要」と指摘していた。

 

出典:東京新聞『「川端康成は日本文学の代表者」 68年ノーベル賞 選考委が評価』

2019.02.04

文学ニュース 一覧