「百年の孤独」の翻訳家 鼓直さん逝去

5月2日ラテンアメリカ文学者で翻訳家の鼓直(つづみ・ただし)さんが89歳で逝去されました。鼓さんは、ノーベル賞作家ガルシア・マルケス著「百年の孤独」をはじめ、アストゥリアス「緑の法王」、ホセ・ドノソ「夜のみだらな鳥」、ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」などを翻訳。ラテンアメリカ文学研究の第一人者として、70年代ラテンアメリカ文学のブームを牽引しました。

 

参考:翻訳家の鼓直さん死去 マルケス「百年の孤独」翻訳

2019.05.09

文学ニュース 一覧